Tel: +86-592-5171555
  見積りのご請求

ホーム > Exhibition > 本文
Contact Us

Tel:+ 86-592-5171555

モバイル:+ 86-13860462206

住所:19a Coral Gables Xiangjiang Garden Siming District、アモイ市、福建省、中国

私は今オンラインです
Exhibition

ウーロン茶の市場規模、シェア - 業界動向と予測2017 - 2025

レポート "ウーロン茶市場規模、シェア - 業界動向と予測2017 - 2025"は、業界専門家からのインプットを用いた詳細な市場分析に基づいて作成されています。

この調査の目的は次のとおりです。

  • タイプ、アプリケーション、コンポーネント、納入モデル、エンドユーザー、地域別に「 ウーロン茶 」市場を定義、記述、予測するため

  • 市場の成長に影響を及ぼす主要要因(ドライバー、抑制、機会、業界固有の課題)に関する詳細情報を提供するために、

  • 個々の成長傾向、見通し、および市場全体への貢献に関するマイクロマーケットを分析する

  • ステークホルダーの市場における機会を分析し、マーケットリーダーの競争環境の詳細を提供する

  • 北米、欧州、アジア、およびその他の地域(RoW)の4つの主要地域に関する市場セグメントの市場規模を予測するには、

  • キープレーヤーを戦略的にプロファイルし、製品ポートフォリオ、市場ポジション、およびコアコンピテンシーを包括的に分析する

ウーロン茶市場:

ウーロン茶は中国で高く栽培されており、茶は緑茶と紅茶の部分的に酸化された緑茶です。 ウーロン茶は最も多様な茶の一つであり、独特の風味と色を持つ様々な品種で見つけることができます。 この中国茶の人気は、最近ヨーロッパや北米の地域で増加しています。 ウーロン茶にはいくつかの品種があります。これは、高品質のウーロン茶であるDan Congのようなもので、しばしばプレミアム価格で販売されます。 大きな香りのために大きな赤い衣服として知られているもう一つの品種は、より酸化された烏龍茶で、紅茶の外観をしています。この種は最も広く利用できる烏龍茶の1つです。 健康的な食生活や飲酒傾向の増加に伴い、各品種の人気が高まっており、予測期間中に世界のウーロン茶市場が堅調に推移すると推定されています。

ウーロン茶市場のセグメンテーション:

世界のウーロン茶市場は、製品の種類、性質、流通チャネル、地域に基づいて区分されています。 ウーロン茶の製品タイプセグメントには、ウーロン茶の特徴が含まれています。 ビッグレッドローブ、鉄仏、ダンコングティー、アリシャン、他のウーロン茶品種。

ウーロン茶の性質に基づき、マトケは有機ウーロン茶と従来のウーロン茶に分けられます。 さらに、流通チャネルに基づき、グローバルウーロン茶市場は直販、オンライン小売、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、天然食品店などの専門店に分かれています。 中でもウーロン茶などの健康茶やソーシャルメディアでの抹茶の人気が高まっていることから、インターネットによる販売が伸びると予想されます。 専門店では、西欧・北米地域の事業所数の増加により、売上高シェアの拡大が見込まれています。

ウーロン茶市場地域見通し:

中国では、10年間で消費が大幅に増加し、世界の茶消費量の約3分の1を占めています。 2番目に高い消費量を持つインドは、今年で2番目に多かった茶消費者であり、世界全体の約5分の1を占めています。 この上昇は茶の消費量がウーロン茶を含む同盟茶の成長に重要である。 地域別にみると、ウーロン茶市場は以下の主要地域に分かれています。 北米、中南米、西ヨーロッパ、アジア太平洋、日本の中東、アフリカなどがあります。

ウーロン茶市場の動向と動向:

体を解毒するのに役立つウーロン茶などの天然製品の消費に関連する健康への意識の高まりは、免疫システムを強化し、コレステロールレベルを調節するのに役立ち、その他は消費者の意思決定に影響を及ぼす可能性のある主要な要素の一部です。烏龍茶を買う。 現在、消費者はインターネットとソーシャルメディアの浸透度が高まっているため、自己投薬に傾いています。 これらの要因は、予測期間にわたって世界的にウーロン茶市場の成長を促進することが期待されています。 化学的に加工された食品の有害な影響に関する認識は、消費者の間で増加している。 これに代わるものとして、より多くの人々が有機食品に目を向けています。 例えば、有機ウーロン茶は、市場で入手可能なトレッド茶製品の1つです。 中国料理は、麺や餃子などの食べ物や飲み物で米国や欧州の市場で高い需要があり、中でも最も人気のあるものは中国の紅茶です。 中国の紅茶は健康食品として人気が高まっています。 中国の紅茶、特にウーロン茶の需要は、特に米国で増加している

消費者は、茶だけに比べて茶飲料製品にもっと多くを費やしており、消費者が嗜好をより便利な茶消費スタイルに変えていることを示しています。 人気の高い緑茶には冷たい淹れた烏龍茶が含まれています。 このような要因のため、伊藤園(Ito En)などの大手飲料会社では、RTD紅茶(RTD)紅茶の製造と販売を拡大しています

ウーロン茶市場キープレーヤー:

世界のウーロン茶市場に参加している主要プレーヤーには、 ビールロー茶会社、ツインズングズ(関連英国食品)、セイロン・オーガニック・リミテッド、ティー・アンド・ザ・ズ(中国)有限会社、シエラ・ティー、アーバー・ティー、ユニリーバ・ピー・シー、リトル・ティー・ディルマ、タウンゼント・ティー・カンパニーハイン・セレスティアル・グループITO En。などがあります。

このレポートは、市場の包括的な評価を提供しています。 これは、詳細な質的洞察、過去のデータ、および市場規模に関する検証可能な予測を介して行われます。 報告書に記載されている予測は、実績のある調査手法と仮定を用いて導出されている。 そうすることで、リサーチレポートは、地域市場、技術、タイプ、アプリケーションなど、市場のあらゆる側面に関する分析と情報のリポジトリとして機能します。

研究は信頼できるデータの源である:

●市場セグメントとサブセグメント

●市場の動向と動向

●需要と供給

●市場規模

●現在の傾向/チャンス/チャレンジ

●競争的な景観

●技術革新

●バリューチェーンとステークホルダー分析

地域分析では、

●北米(米国およびカナダ)

●ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル、ペルー、チリなど)

●西ヨーロッパ(ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、イタリア、北欧諸国、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)

●東ヨーロッパ(ポーランドとロシア)

●アジア太平洋地域(中国、インド、日本、ASEAN、オーストラリア、ニュージーランド)

●中東・アフリカ(GCC、南アフリカ、北アフリカ)

報告書は、豊富なプライマリリサーチ(インタビュー、アンケート、熟練したアナリストの観察)と二次的な研究(評判の良い募集情報、業界ジャーナル、業界団体データベースを伴う)を通じて作成されています。 また、業界アナリストや市場参加者から集められたデータを、業界のバリューチェーンの主要ポイントにわたって分析することによって、完全な定性的および定量的評価を行うことができます。

親市場、マクロ経済指標およびミクロ経済指標、ならびに規制および義務における一般的な傾向の別個の分析が、研究の範囲に含まれている。 そうすることによって、報告書は予測期間にわたって各主要セグメントの魅力を予測する。


レポートのハイライト:

  • 親市場の評価を含む完全な背景分析

  • 市場動向の重要な変化

  • 第2または第3レベルまでの市場区分

  • 価値と量の両方の観点からの市場の歴史的、現在、そして予想されるサイズ

  • 最近の業界動向の報告と評価

  • キープレーヤーの市場シェアと戦略

  • 新興ニッチセグメントと地域市場

  • 市場の軌道の客観的な評価

  • 企業が市場での足場を強化するための推奨事項